【329号】コロナウイルス対策のなかで - 正絃社

【329号】コロナウイルス対策のなかで

コロナウイルス対策のなかで     野村祐子

【行事自粛】
 例年になく早い春の訪れでしたが、思いもよらぬ新型コロナウイルスの感染拡大への対策により、学校も休校、各地の様々なイベントの中止や延期、結婚式、卒業式など、メモリアルとなる行事も自粛・中止、さらに2020東京オリンピックも延期となり、世界中で未だかつてない非常事態に私たちは直面しています。
 いろいろな行事が中止や延期になり、開催を楽しみに準備したことが、全て白紙になり残念ですが、非常事態ですので今しばらく、じっと我慢のしどころです。必ず、再起の日はあると信じて前向きに進みたいと思います。

 

【在宅お稽古】
 感染の予防対策を心掛けて、お互いに迷惑をかけないよう厳重な注意のうえ、お稽古を続けてくださった皆様に深く感謝申し上げます。
 このような中ですので、お稽古に来られない皆様のために、現在、合奏を録画してユーチューブに順次、挙げております。お家のなかでの合奏を楽しんでください。卒業式、入学式をお祝いする「晴れの日に」の演奏もあります。

  祝 卒業・ご入学    ~晴れの日に~

    リンク先  http://seigensha.net/news/topics/350-syuku-harenohini.html

 

【感染予防対策】
 正絃社本部教室での対策に、飛沫感染を防ぐ透明アクリル板の防御壁を設置しました。
 皆様におかれましても、くれぐれも体調管理に充分に注意され、うがい、手洗い、マスク、アルコール消毒、「三密」を避けるなど、ウイルス感染のない健康な毎日を過ごされますよう、そして、一日も早いコロナウイルスの終息を祈っております。

 

【受 賞】
 政府によるイベント縮小・中止の要請をうけて、文化庁による芸術選奨授賞式も中止となりましたが、野村峰山が令和元年度文化庁「芸術選奨文部科学大臣賞」を受賞いたしました。
 これは、一昨年から連続開催の「初代中尾都山の軌跡」シリーズコンサートにて、中尾都山作品を6つのカテゴリーにまとめて上演し、毎回のプログラムに掲載した作曲分析や五線譜翻訳などの研究成果が認められたものです。
 初代中尾都山の作品における前人未到の研究、そのほかにも昨年は、尺八のプロ演奏家による「日本尺八演奏家ネットワーク(JSPN)」発会のコンサートや、流派を超えて尺八家が集う「狂宴」コンサートなどでも中心メンバーとして、尺八振興に大きく貢献した一年でした。

 そして愛知県では私も、3月19日、令和元年度愛知県「芸術文化選奨文化賞」を受賞の栄に浴することがでました。
「芸どころ」名古屋を拠点にした箏曲の作曲、演奏、学校関係への指導、NHKEテレ「にっぽんの芸能~箏曲家・野村正峰の世界~」、野村正峰生誕90周年記念「〝創造〟のDNA―和楽の響き」、正絃社「春の公演」などの活動を評価いただきました。これもひとえに多くの皆様のご支援のおかげと深く感謝申し上げます。

329 01aichi
愛知県庁での授賞式にて


 栄誉ある受賞に恵まれましたことを、野村峰山ともども心より深く感謝し厚く御礼申し上げます。
 これよりもさらに精進を重ね、微力ながら邦楽の発展に努めてまいる所存でございます。
 今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

最新記事

このページのTOPへ